世界人権宣言制定71年を迎えて! 2018/8/21

 「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して、自民党の杉田水脈衆議院議員(比例・中国ブロック)が持論を展開した寄稿文が、批判を浴びている。
 全く恥ずかしい限りです!掲載する出版社もどうかと思います。表現の自由は人権を無視してもいいのか。売れればいいのか。出版社の矜持はないのか。呆れるばかりです。特に、自民党の二階幹事長を含めて国会議員の国際基準に比べレベルの低さが際立っています。そのことが日本医科大学の女性医師の減点問題などの女性蔑視の風潮の根元ではないかと思わざるを得ません。
 前項でもふれましたが、何れにしても日本国憲法の精神がなおざりにされていることに尽きます。大原則である「基本的人権」が遵守されていないことが極めて残念です。

えばやん奔走記

今日も東奔西走!
スタッフがえばやんの奔走ぶりをレポート!

えばやんコラム

日々考えることは…
えばやんの思いをみなさんにお伝えします

えばた弥八郎後援会

是非、応援のほど、
よろしくお願いいたします

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想など
メールにてお寄せください

Back to Top