民進党大塚代表
民主主義と国民生活を守るために「新しい民主党」を提案! 2018/4/6

 大塚耕平代表は冒頭のあいさつで、「2月4日の党大会で私たちは今後の党のあり方として可能な限り 早期に中道的な新しい党を目指すという承認をしていただいた。この方向に沿ってさまざまな検討、 働きかけを2カ月間させていただいた。国会では森友文書改ざん事件等が表面化し、大変な議論になる中で、 大変難しい判断だったが、予算が成立し国会が一区切りつき、統一自治体選挙まで残り1年というこの局面こそ 皆さんに次の展開に向けて了解をいただくタイミングと判断し、役員会、常任幹事会の議論を経て、 「〝中道的な新しい党〟〝新しい民主党〟」を結党することとします。(存続政党は民進党)
 内容は以下のとおり
①志を共有する同志に結集を呼びかける。
②綱領・党名等の所要事項については、参画意志のある同志との新党協議会の 場で決定していく。(民進党の綱領、政策を基本として協議)
③中央および地方の党所属議員、候補者の個別事情に配意しつつ、新党結党後も多くの仲間と連携できる枠組みを目指す。
④それぞれ抱えている事情が違うことは重々承知しながら、その中で最大限様々なことに配慮しつつ、できる判断は何かという観点でこのような選択をお示ししている。
⑤あくまでも希望の党との合流ではなく、民主主義を守る仲間のすべてに呼びかける。過去に戻るのではなく、前に向けて新しい民主党(新党)をつくる。

 として、大塚代表は執行部提案の理解を求められ、両議員総会と全国幹事会で了承されました。 今後はできるだけ早く元民進党議員を中心に立憲民主党と希望の党に呼びかけていくこととします。

えばやん奔走記

今日も東奔西走!
スタッフがえばやんの奔走ぶりをレポート!

えばやんコラム

日々考えることは…
えばやんの思いをみなさんにお伝えします

えばた弥八郎後援会

是非、応援のほど、
よろしくお願いいたします

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想など
メールにてお寄せください

Back to Top