「働き方改革」ではなくて「働かせ方改革」では? 2018/3/6

 安部総理は今国会の柱は「働き方改革」である。長時間労働を防止し、新しい働き方を構築する。と、大見得をきっていました。
 ところが厚労省の労働政策審議会や働き方改革関連法案のベースとなった調査データが野党議員の指摘でデタラメだったことが判明しました。 政府は野党の追及を受けて、裁量労働制部分のみ切り離し、調査をやり直すとしました。
 しかし、規制強化関係法案を除けば、規制緩和関連の高度プロフェッショナル制度など、この調査結果の信頼度からすれば極めて危険な制度ではないかと言わざるを得ないと考えます。 長時間労働を防ぐには最低基準を定めている労働基準法の規制強化しかないと考えます。労働安全衛生法でもしかりです。 人の命がかかっている働き方改革です。本来は「働く」とは周りを楽にするから「はた楽」というそうです。参議院での論戦に期待をしたいと思います。

えばやん奔走記

今日も東奔西走!
スタッフがえばやんの奔走ぶりをレポート!

えばやんコラム

日々考えることは…
えばやんの思いをみなさんにお伝えします

えばた弥八郎後援会

是非、応援のほど、
よろしくお願いいたします

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想など
メールにてお寄せください

Back to Top