明治の表と影に思う! 2018/1/11

 本年は明治で言えば150年の年となるそうです。歴史家の磯田道史氏が新聞紙上で書かれていましたが、 「明治維新や近代化の夜明けなど明治は華々しいイメージで捉えられているがこれまで影の部分は多く語られてこなかったと。
 影の部分は日露戦争の勝利体験と昭和の第2次世界大戦の参戦、そして差別の潜在化であると言われています。 特に、江戸時代の士農工商の身分制度より、ひどい部落差別が近代化の中で顕在化し、そのことが今日まで続いていることを指摘せざるを得ません。

えばやん奔走記

今日も東奔西走!
スタッフがえばやんの奔走ぶりをレポート!

えばやんコラム

日々考えることは…
えばやんの思いをみなさんにお伝えします

えばた弥八郎後援会

是非、応援のほど、
よろしくお願いいたします

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想など
メールにてお寄せください

Back to Top